研修

2018年6月 9日 (土)

夏季研打ち合わせ

今日は終日、香社研の日ですね。午後からはこちら・・・
Img_1007
 
Img_1008

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

香社研定例研

今年度最初の香社研定例研。担当は、仲善社研。土曜日ではあるが、授業公開ということで、仲善社研の皆様には頭が下がる・・・
授業者は、O先生、6年生社会科で、単元は、「今に伝わる室町文化」である。
Yk00bmharnsoklxhmf9gbw
 
Tdmvdxyqruepjp0eptqda
 
R5oqvxuqzqx5ndjk2vndg
 
L6fbx2bys0gb3vdm9hlsuw
 
義満の日明貿易を取り上げての授業であった。そのことは、果敢な挑戦で素晴らしいなと感じたのだが、どのように学ぶかといった点で、少し気になった。先生の授業に対する気持ちはものすごく伝わってくるんだが、子どもたちにどれだけそれが落ちていたか・・・子どもたちは今何を考え話し合えばよいのか、学習課題をきちんと把握していたのか・・・そんなことが気になった。つまりは、教師が課題を与えても子どもたちの反応がもう一つだったような・・・要するに、何をどう考え答えたらいいのかが伝わっていない?そこで教師は、となりの人と話し合ってみてはと・・・しかし、なかなか話が進まない、盛り上がらない。うーん、学び合いのさせ方に問題がある?そして、全体交流。もっともっと意見が出てもいいのではと・・・
ではどうすればよかったのか。教師が手持ちの資料を全て子どもたちに与え、そして学び合いでは、まなボードを活用し、話し合いを見える化、活性化させ、それをもとに(根拠を持って)発表、全体交流。郡家小や、丸社研がこれまで研究してきたことを少しでも取り入れてもらえればと感じた。それは授業に限ったことではなく、授業後の討議会でも感じたこと。たくさんの先生方が討議会にも参加したが、それぞれの先生方の授業に対する感想や意見をきちんと吸い上げることができていたのか?活発な討議をそして意味のある討議会にするのであるのならば、やはり討議会でもそれなりの工夫が必要。そんなことを感じた定例研であった。
決して授業者や討議会の司会者を責めているのではない。このような学びの機会を与えてくださった皆様には大変感謝している。しかし、昔から変わらないスタイルの授業、討議会はいかがなものかと・・・これはまわりのベテラン陣がなんとかしなければ・・・授業も討議会も・・・
さて余談だが、授業ではなぜか増井が乱入?別に授業を妨害したわけではない・・・ここは素晴らしいなと思ったのだが、授業の終末部分で、NHK for Schoolのクリップ動画をiPadを使って子どもたちに見せようと・・・しかし、そうなんです。研究授業あるある!動画が流れない・・・流れない・・・再生されない・・・すごく困ってる様子だったので、増井のiPhoneを速攻で大型モニターにつないで、NHK for Schoolのアプリから目的の動画クリップを再生。授業が進み、めでたしめでたし。
後で聞くと、昨日の検証の時も動画再生が不安定だったとか・・・もうこれは学校の回線の問題?それもあるかもしれないが、iPad・・・どうやらWi-Fiでつないでいるみたいで、まあそれだったら、こんなに参観者がいれば、つながらないよなあ・・・まさに研究授業あるある。増井のiPhoneは、キャリア回線。まあ、つながりますよね。そんなことを予測してか、アプリを立ち上げ、目的の動画クリップを検索し、いつでも再生できる状態にしていたので、すぐに対応できた?別にこのことを予測していたわけではなく、どんな動画を見るのかなとチェックしていただけなのですが・・・まあ、ネットトラブルいろいろありますね。こればかりは経験が必要か・・・
なんかいっぱい書いたので、最後にもう一つ。今日の指導・・・うーん、何が言いたいのか?そもそも指導なの?別に批判するつもりはないけど、個人的には残念・・・
まあ、クリティカル・シンキングということで許してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月 9日 (水)

現教

本日の現教
15時20分〜15時30分 全体会
15時30分〜16時00分 学年部会
16時00分〜16時40分 3部会
です。
秋の南学校群小中人権同和教育研修会に向けての話し合い・・・
1学期の取り組み、6月の学年授業、夏に向けてのスケジュール等の話し合い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月30日 (金)

第164回ユビキタス研修会

第164回ユビキタス研修会に参加しました。若手の先生方が頑張っています。さて、増井は、「プログラミング Ozobot体験」ということで、少し時間を頂いて、話をさせて頂きました。話と言うよりも、ワークショップかな?平川先生にお借りしているOzobotを持って行って、参加したみなさんに触ってもらいました。ほとんどの方が、Ozobotを見るのも触るのも初めてと言うことで、興味津々、なかなか楽しい体験ができたのではないかと思います。その後、クラウドファンディングの話を少しして・・・懇親会へ・・・河田先生とも、久々にじっくり話をすることができました。高松市の取り組み、電子黒板の導入、どんどん進んでいってほしいですね。
ところで、懇親会中、衝撃の事実が・・・うーん、世間は狭い!!
Vol4tsqzkf0vk63jyxlq

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 9日 (金)

平成29年度授業改善に向けての協議会

教育センターで行われた、平成29年度授業改善に向けての協議会の参加しました。県教委からの本県児童の学力や学習状況についての説明の後、グループ協議・・・自校の課題とその共有の方法、有効な取り組みとその進め方などが協議のテーマ。ワークショップ形式で進められたが、うーん、模造紙のまとめ方がいまいち・・・そもそも、こうした会に出てくるであろう現教主任や管理職は、もっとファシリテーター的な役割ができるようになってないと・・・まあ、自分ができているかというとあまりそうでもないので大きな声では言えないが・・・うーん、模造紙大きすぎかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月29日 (水)

丸小研社会科部会研修会

5年生社会科,大単元「わたしたちの生活と工業生産」,単元「自動車をつくる工業」のまとめのところ。授業者は城坤小学校のF先生。本実践を,2月の香社研フォーラムで発表する予定。
Img_2725

Img_2727

Img_2730

Img_2733

討議会
Img_2740

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月20日 (月)

丸亀市小中学校人権・同和教育研修会

先週の金曜日,丸亀市小中学校人権・同和教育研修会が丸亀市立南中学校で行われた。丸亀市で中学校群ごとに毎年行われている人権・同和教育の研修会である。全クラスで授業公開かなと思っていたら、各学年とも1クラスのみの公開だった。それがダメというわけではないが、南中学校の規模で、それはないでしょう?が、正直な気持ち。全クラスでなくとも、複数クラスで授業公開をしてほしかった。校内で、授業研究は当然行われているとしても、当日授業公開する、若い先生方にはどんどんそういった経験をしてほしい。本研修会は、そうした場なのになあと思うのだが。それはさておいて、授業者は、たぶん2年目、3年目の若い先生、そして、なぜか私と同い年の中堅?ベテラン?の3人の先生であった。どの授業も、よく練られており、大変落ち着いた雰囲気の中進んでいった。個人的には、特に3年生の授業など、部落差別、結婚差別の確認に迫る授業だっただけに、もっと熱い授業展開を期待したいのだが、なかなかそうもいかないのが現実なのかなあ。ちなみに来年は、勤務校が研修会の担当校となっている。もうすでに準備に入っているのだが(1年後なので・・・)、そもそも増井はいるのかなあ?研究主任として提案発表?それとも授業者?

Nrndupg1qqyfcust9xf5dw

Z9xceazqqqcwu1vwgwrcbq

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月 9日 (木)

指導案検討会

12月の初めに行う現教での校内研究授業の指導案の事前検討会。生活科と外国語の2本。自分自身,これまで何度も研究授業,公開授業を行ってきたが,自分自身がはっきりとこの授業の目玉はこれです!!といった主張点というか柱をもっていないと,討議会で何を話し合ったらいいのか分からなくなる。どんな授業をしようかと迷ってるんです的な検討会の時もあるが,できればそういった話はもっと前にしておいてもらいたい。また,現教のテーマから大きく逸脱してしまうのも困る。現教のテーマを,私的にはこう解釈しました的なものがあってほしい。あっ,何も今回の授業がそうだと言ってるんじゃないですよ。あくまで一般論・・・さて,今日の検討会は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 7日 (土)

香社研定例研

今日はこちらに参加。香社研の定例研。担当郡市は、三観。4年生社会科で、単元は「電気はどこから」。三観社研の研究テーマは、「今」を見つめ、「未来」を拓く社会科学習の創造−基礎的・基本的内容を身に付け、自ら問いを追究する社会科学習の展開−である。ちなみに、本時の実践の主張点は、

1 子どもの追究意欲を高めるための教材の開発
2 切実なる問いの成立にむけて
3 子どもの「社会的な見方・考え方」を成長させるための工夫
である。
若い先生ではあるが、提案資料もかっちりつくられており,授業の動画も見せていただいたが、学習規律も整っており、元気で活気のある授業だった。まあ,そのあたりに関しては、いろいろ意見もあるみたいだが、それは置いといて・・・
普通であれば,教科書通り,また香川だからこそ「水」を取り扱うところなのだが、あえて「電気」としたところがおもしろい。こうして電気に関して見聞を深め、あらためて考える機会を与えてくださったことに感謝。単元の課題は「電気は、どこでつくられ、どのように送られてくるのだろう?」とある。これはこれでもいいのかも知れないが、討議でもいろいろな意見が出た。「○○のために~」が抜けているから?つまりは,児童が切実なる問いの意識を持っていない?単元を貫く問いが不十分なのか?第1時で、めあて「もし電気が送られてこなくなると、どんな生活になるだろう?」まとめ「私たちにとって電気は、くらしの中のほとんどに使われていて、電気が使えなくなると不便な生活になる。」とある。この不便というのが、弱いのかなあ・・・子どもたち全然困ってなさそう・・・まあ、実際不便なんだけど、電気って、ライフラインですよね。この電気を安定供給するために、どんな取り組みが行われてるのか、また、今後どこに向かっていこうとするのか?私だったら、ちょっと大きいかも知れませんが、「電気の未来を考えよう!!」かな。この電気の未来には、国の政策もあれば、会社の方針もあるだろうし、世界的な情勢もあるかも知れない。国民の願いもあれば、個人的な思いもあるかも知れない。この学習に答えはないのである。でも,この学習を通して、社会的な見方・考え方が子どもたちに身に付き、主体的・対話的で深い学びの実現に少しでも近づくことができればいいのかな?難しいですね。
再生可能エネルギー、太陽光発電が大きく取り上げられているが、どうなんでしょうね。これも諸説あります。現状のネックとしては,まだまだ高い・・・でしょう。エネルギー資源がなくなる?石油はあと54.2年分・・・天然ガスは、63.6年分・・・おいおい、これってどうなんでしょう。自分自身が子どもの頃に、石油はあと30年でなくなるなんて言ってましたよ。あれから40年以上たってるのに、逆に増えてます。そう,技術の進歩によって・・・化石燃料を使うところの問題点は、温室効果ガスの排出かな。でも、地球は温暖化しているのではなく、ミニ氷河期に向かってるなんて話もあるし・・・このあふれる情報をどう解釈していくかが難しい。また、本実践では,原子力発電の話がほとんど出てこなかった。なんで?電気の話には、原子力発電の問題も大切。推進するか、廃止するか、現状維持か・・・それも考えないと。廃炉にあと何年かかるのか分からないけど.私たちの切実な問題でもある。核廃棄淵の処理の問題も含めて・・・
個人的な結論としては、これら問題を解決するのは、科学技術の進歩かなあ。
 
Img_0572
 
Img_0573
 
Img_0575

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月23日 (土)

香社研定例研

附属高松小学校で,香社研の定例研が行われた。担当郡市は,小豆とさぬき・東かがわ。小豆からは,上嶋先生の4年「わたしたちの県」の提案,さ・東からは,原井先生の4年「水はどこから」の提案。うーん,なんとも・・・未来の香社研?今の学校の現状をなんとかしなければという感じかな?高松が大きくなりすぎたことの反動?丸亀や西の方も同じかな?討議の時にまた増井が余計な提案。研究授業などをビデオに撮って,それをDVDに。そして香社研として,素晴らしい授業をアーカイブとしていけば・・・この提案を受けて,さあ,黒田先生,轟先生,どうする?うやむやに終わるのか,それとも会長が動いて,理事会にかけられるのか・・・まあ,前者かな?それにしても,原井さん,プレゼンうまくなったなあ・・・河田先生の影響いっぱい受けてますね。素晴らしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧