« 教育用PC | トップページ | 2学期始業式・・・の後は・・・ »

2019年9月 1日 (日)

避難訓練

明日、地震を想定して避難訓練するんだけど、なんで運動場に避難する必要があるのかな?と、今になって思う。気象庁のWebサイトでは、
緊急地震速報を受信した後、緊急地震速報は、情報を見聞きしてから地震の強い揺れが来るまでの時間が数秒から数十秒しかありません。 その短い間に身を守るための行動を取る必要があります。
 また、この短い間に行動を起こすためには、緊急地震速報が発表されたことを即座にわかるよう専用の音(報知音)を覚えておく必要があります。
 緊急地震速報を見聞きしたときの行動は、まわりの人に声をかけながら「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」ことが基本です。
とある。運動場へ避難とは書いていない。(まあ、そうだけど・・・)運動場へ避難するのは、人員確認のため?教室で授業中だったら、学級担任等がクラスの子どもたちの安否を確認することができるけど、休み時間中だと、それができない。基本、地震の揺れが収まったら運動場へ避難という流れを体験させておけば、地震の揺れが収まったら子どもたちは運動場へ勝手に集まってくるということ?余震の心配?最初が余震で次が本震という場合・・・校舎は耐震化しているのだから、校舎内の方が安全?運動場は本当に安全なの?ちなみにうちの学校は標高は海抜数メートルしかない。火災が発生したら?もう一つ言うと、地震避難の後、津波の恐れがあるというので、今度は校舎に避難するという。校舎が危ないから運動場へ避難したんじゃないの?津波の恐れがあると言うんだったら,高台への避難じゃないの?
うーん、結論として、災害発生時の対応マニュアルを自分自身が完全に把握していないと言うことか。それとも、災害発生時の対応マニュアルが教職員全員に周知徹底できていないと言うことか。はたまた、災害発生時の対応マニュアルが全然使えない内容なのか・・・
ちょっと明日が心配。

|

« 教育用PC | トップページ | 2学期始業式・・・の後は・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育用PC | トップページ | 2学期始業式・・・の後は・・・ »