« 公開授業 | トップページ | 香社研の日 »

2017年12月 9日 (土)

香社研の日

今日は1日香社研の日。午前中は坂出小学校で定例研。岡本先生の「はたらく人とわたしたちのくらし」の実践。坂・綾社の研究テーマは、「主体的に関わりながら追究する社会科学習の創造」サブテーマが対話の活性化を図る単元構想の工夫であった。主張点は、・思考ツールを活用し対話の活性化を図った単元構成の工夫・昨年度実践の課題を基にした指導の改善・学びのつながりを意識した指導計画。
なんか,みんな褒めまくりの討議会だったような気がするんだけどそうかなあ・・・まず,討議の司会者が不慣れである。どうして彼女が司会なのかは分からないが,参加者全員の意見を引き出そうという気負いが感じられない。昔ながらの討議会。一問一答。深まりがない。そもそも討議の視点が不明確。自分のところで申し訳ないが,まなボードを使って,グループ討議を入れるだとか,高松市社研のように独自の討議会の形式で行うとか,工夫しなければもったいない。あと,提案者が岡本先生。岡本先生は悪くない。でもなんで岡本先生?他にいないの?である。網野先生が提案でもよかったんじゃ・・・と思うのは,坂出の実情を知らないから?まあ,丸亀も同じだけどね。さて,主張点に沿って考えてみよう。思考ツール。これ自体は悪くないのだが,えっ,KJ法ですか?それも児童が使い慣れていない・・・これまで,三観や高松でもさんざん思考ツールの活用を提案してきているのに,これ?と思った。KJ法を行っている付箋は小さいし,書いているのは鉛筆だし,まとめの用紙も小さい。しかもそれを用いて発表ってみんなから見えないじゃん。ランキングもよく分からない。突っ込みどころが多すぎて逆に突っ込めなかった・・・学びのつながりを意識した指導計画って,家庭科と?他教科や学校生活と関連させた指導計画を作ることで,効果的に確かな力の定着を図ることができるとしているが,本時では,どう効果的だったのか,どんな確かな力が定着したのかがよく分からない。
まあ,こうして批判的に提案発表を受け止めてしまったのだが,なんだかなあ・・・自分の実践を振り返ってみるいい機会になった。

B9itmff7s665qnoz1akfxa

A68a97893dac46839332e8d1bc33c5da

|

« 公開授業 | トップページ | 香社研の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香社研の日:

« 公開授業 | トップページ | 香社研の日 »