« PC開封の儀 | トップページ | フリー参観 »

2017年9月28日 (木)

学校における働き方改革

学校における教員の働き方改革が話題に・・・学習プリント印刷や授業準備等をサポートするスタッフの配置促進もその1つらしい。って,全国でどのくらいの人がスタッフとして新たに雇用されるの?うちの学校にもまわってくるの?香川県全体で数人の場合,さてどうなるのでしょうか?ちなみに,郡家小学校は,西部教育事務所管内では一番児童数が多い学校。配置されるんだったら,まず一番にだと思うのですが?どうなんでしょうね。まあ,それよりも,現場を見ていたら,5・6年生の35人学級,1~4年生の30人学級の実現が一番かな?あと,勤務時間が過ぎたら,電話は留守電にするとか,学校にかかってくる電話の全てを録音するとか,学校の電話をナンバーディスプレーにして,全ての保護者の電話番号を登録しておいて,誰からかかってきたか分かるようにするとか・・・学校に大量に送られてくるチラシの配布をやめるとか,行政や企業による作品募集(ポスター,絵画,習字,読書感想文,作文,標語等,あと・・・統計グラフとか競書会も・・・)をやめるとか,まあ,やめるといっても,学校が取りまとめをしないということです。児童・家庭から直接応募的な感じにするのがいいのかなと思います。放課後の陸上練習,ミニソフトバレーの特別練習もどうなのかなあ・・・部活動のあり方なんかも言われてますし・・・あと,地域行事ね。地元の敬老会への参加(作文朗読),地域の独居老人へのお手紙・・・昔から続けてきたことだからで継続するのではなく,0ベースで働き方改革を!!断捨離かな?

|

« PC開封の儀 | トップページ | フリー参観 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校における働き方改革:

« PC開封の儀 | トップページ | フリー参観 »