« 電気料金 | トップページ | 第1回プロジェクト会議 »

2016年2月 4日 (木)

プロジェクト型学習スタート

MTの研修後、初となるプロジェクト型学習をスタートさせた。6年生の社会「わたしたちの生活と政治」の単元での実施である。題して「『21世紀は、わたしたちが創る』このままでいいのか?政治無関心!」。

本質的質問を21世紀を住みよい社会にするためには、わたしたちは何をどうすればよいのだろう?とした。

単元計画の概要は以下の通りである。
衆院選投票率の推移、昨年度の衆議院議員総選挙の投票率から本質的質問に迫り、単元を通してつらぬく「学習問題」をつくる。
次年度からの参議院議員選挙の投票権が18歳以上に引き下げられたこと、最近のニュース「高校生に県選管が出前授業」などから国や県の取り組みについて調べる。
政治に参加する権利(参政権)は、日本国憲法の三つの原則の一つである国民主権にもとづき、憲法では、国の政治を進める主権は国民にあると定められており、国民は主に自分たちの代表者を選挙で選ぶことによって国の政治を動かしてることを理解する。
次年度の参議院議員選挙の投票率を劇的に上げるためにはどうしたらよいのか考え、市や県の選挙管理委員会に提言する。

育成したい21世紀型スキルは、
イノベーションのための学習スキル
創造性と革新性(私たちの創る21世紀のあるべき姿を考えるとともに、アイデアを具体性、実用性をもって具現化する力)
批判的思考と課題解決(課題を的確にとらえ、自ら課題に対し自ら解決策を考え提案する力)
コミュニケーションとコラボレーション(自分の思いや考えを相手に伝え、めあてに向かって協働で取り組む力)
情報、メディア、テクノロジーのスキル
メディアリテラシー(新聞記事、TVのニュースなどの特性を理解し、情報の本質を見抜く力)
ICTリテラシー(情報の調査、整理、そして発表の手段として、ICTを適切かつ効果的に活用する力)
キャリア(生活と仕事)のスキル
自発性と主体的な自己管理(時間を有効に使い、作業の進捗管理をする力)
リーダーシップと責任感(共通の目標達成のために、他者の長所を引き出すとともに、責任ある行動をとる力)
である。

6年生の卒業式までの限られた時間の中で、どこまでできるかわからないが、ゴールめざして子どもたちと共にチャレンジ!!

|

« 電気料金 | トップページ | 第1回プロジェクト会議 »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト型学習スタート:

« 電気料金 | トップページ | 第1回プロジェクト会議 »