« D-project香川 夏季セミナー | トップページ | 学級閉鎖 »

2016年2月 8日 (月)

観音寺小学校授業公開研修会

観音寺小学校にて、全国小学校社会科研究協議会香川大会会場校に於ける第2回授業公開研修会が行われた。午後からの会だったので、4時間目の授業終了後、給食を急いで食べて出発。高速を使って、なんとか授業説明開始時刻に間に合った。研究主題は、『今』を見つめ、『未来』を拓く社会科学習の創造。出濱先生による、5年生、単元「自然災害を防ぐ ~今こそ、南海トラフ地震への備えを!~」の授業。國學院大學の安野先生が講師でいらっしゃるということもあり、たくさんの参観者で、教室はいっぱい・・・そんな中でも、子どもたちは落ち着いており、子どもたちのがんばりがよく伝わってくる授業であった。文句の付け所のない授業だとは思うんだが、あえて批判的思考で捉えるならば、もっと授業の展開がダイナミックになれば・・・どうしても従来型の学習スタイルにしか見えない。それは教師中心型の学習スタイルであり、教師主導型ということになる。社会科は以前から問題解決型学習を行ってはきているが、課題解決型学習、探求型学習、さらには、プロジェクト型学習へと進めていってほしいものである。
さて、いよいよ全国大会香川大会まで1年となった。丸亀がどのような提案を行うのか、しっかりと準備をしていかなければならない。といっても、私がどれだけ関わることができるのか?微妙なところだが・・・最近、丸社研の次年度の研究主任?なんて声も聞かれるが、若い人たちにおまかせしたいという気持ちでいっぱい・・・でも、若い人は若い人で結構忙しいんだよなあ・・・
Img_0828

Img_0832

Img_0833

Img_0838

|

« D-project香川 夏季セミナー | トップページ | 学級閉鎖 »

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観音寺小学校授業公開研修会:

« D-project香川 夏季セミナー | トップページ | 学級閉鎖 »