« 科学への興味”ポケモン”きっかけに | トップページ | DVD作成 »

2015年11月 1日 (日)

音読カップ

2年前の記事です。
システムというか,方法に進化が見られません・・・
学校がいかにアナログかということが,現れています。

香川県が独自に行っている、音読カップ。データを県教委に送らなくてはならない。どうやって録音をするの?昔はラジカセを使ってカ セットに録音。今は?カセットなんかないよ。MD?そんなものもないよ。というわけで、CDに・・・結局、増井が録音に関わることに。PCにマイクを接続 して、サウンドレコーダーで録音。データをCDに焼いて・・・うーん、メディア1枚に1人のデータ。ちょっともったいないな・・・なんだかんだいって1時 間近くかかってしまった。
 
今年も同じ事をやっている。
音声データだけを送ったんじゃ駄目なのかなあ・・・1枚のCDに全てのデータを焼いたんじゃ駄目なのかなあ・・・音楽CDにしないと駄目なの?PCで再生できるデータでは駄目なの?いったいいつの時代やら・・・

私は国語部員ではないのですが,なぜか毎年音読カップ担当になっています。なぜなんだ?他の学校ではどうなんでしょう?音声くらい自分で録音して,CDに焼ける人くらいいっぱいいると思うんだけどなあ・・・

|

« 科学への興味”ポケモン”きっかけに | トップページ | DVD作成 »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音読カップ:

« 科学への興味”ポケモン”きっかけに | トップページ | DVD作成 »