« ペアレンタルコントロール | トップページ | 通知表作成に伴うミニ研修 »

2013年12月13日 (金)

小中の夏休み短縮検討/市町教委に県教委が通知

小中の夏休み短縮検討/市町教委に県教委が通知

 
 
小中学校での授業時間数の確保に向け、細松英正香川県教育長は5日、市町教委に対して、必要に応じて夏休みなどの長期休業日の短縮を検討するよう通知したことを明らかにした。香川県教委が長期休業日の在り方について言及したのは初めてで、香川県内で2市が実施している短縮の流れを後押しすることになりそうだ。
 
中略
 
県教委義務教育課によると現在、善通寺市の全小中学校と、さぬき市の一部小学校で夏休みをそれぞれ3日短縮しており、来年度には東かがわ市も実施する方針。細松教育長は「授業時間数の確保が窮屈になりつつあり、必要に応じた市町教委の対応が求められる」と答弁。夏休み短縮をスムーズに導入できるよう、来年度から8月25~31日には教員研修会を行わないことも明らかにした。
 
授業数は現状でも確保できてます。授業時数の確保が窮屈なのは、全国学力・学習状況調査、県学習状況調査、市学習状況調査と、調査だらけなのが原因では?テストを実施して、テストの解説&間違ったところのテスト直し。さすがに対策問題、練習問題、過去問をを事前にするなんてことはしてないけど、他校ではどうかなあ?さらに、これは授業とは関係ないけど、放課後にはテストの採点、入力、県からデータが送り返されてきたら、帳票の打ち出し・・・その間、授業のための教材研究が後回しになってるってことですから・・・

夏休みの短縮?まあそれもいいでしょう。夏休みを短縮して学力がどれだけ向上したか、データを示してほしいものです。土曜日授業の実施?まあそれもいいでしょう。土曜授業も正規の教育課程に含め、がんがん授業しましょう。当然6時間授業ですよね。午前中授業だなんていってたらダメですよ。給食も実施して・・・土曜日塾です、習い事ですなんて休んだらしっかり欠席ですね。てなことにはならないと思いますが、どうなんでしょうねえ。
あと、教員・・・週6日勤務、許されるんですか?休みを夏季休業中にまとめ取りなんてことができたのは、大昔の話。学校の先生は5日間フルで働いたらヘロヘロです。ただでさえ持ち帰り仕事が多くて大変なのに、土曜日も授業だなんていったら・・・おっと違った、6日連続勤務を続けたらますます精神疾患で倒れる先生増えます。
ますますブラック企業ですね。
週休1日
残業手当なし(ただし勤務時間の長短にかかわらず、教員の勤務時間の内外を問わず包括的に評価するものとして、給料の4パーセントの教職調整額を支給。
日中は休憩・休息時間あるようなないような・・・

いかん、いろいろ書いてしまった・・・


|

« ペアレンタルコントロール | トップページ | 通知表作成に伴うミニ研修 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小中の夏休み短縮検討/市町教委に県教委が通知:

« ペアレンタルコントロール | トップページ | 通知表作成に伴うミニ研修 »