« 音読カップ | トップページ | とり奉行 骨付じゅうじゅう »

2013年11月 1日 (金)

社会の扉

社会の扉 第14回 テレビの仕事を視聴。お天気番組?コーナー?がオンエアーされるまでがよくわかる。刻々と変化する天気情報を早く、正確に、わかりやすく伝えるのはやはり難しい。情報を伝える、発信する影に、人の努力や工夫がいっぱい。

話は変わるが、こうしたNHKの番組を簡単に見ることができる環境を整えることも大切。今の学校で、NHKの番組を見ようとすると・・・地デジテレビがないとか、インターネットに常時接続しているPCがない、プロジェクタがない、大型モニターがないなど、環境的に難しいクラスがいっぱい。
話は戻る。お天気キャスターのみなさん、さすがは伝えるプロですね。電子黒板の使い方、話し方、視線、見習いたいところいっぱいです。うーん、それよりも、あの大画面の電子黒板がほしい!
Img_3159

|

« 音読カップ | トップページ | とり奉行 骨付じゅうじゅう »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会の扉:

« 音読カップ | トップページ | とり奉行 骨付じゅうじゅう »