« ブラック企業 | トップページ | 平成25年度学校基本調査(速報値) »

2013年8月 8日 (木)

グループウェア研修

校務支援システムTe-Compassの研修会が行われた。ちなみに今年度4回目で、今日は主にグループウェアに関しての研修である。内容としては、メール、掲示板、スケジュール、アンケートなどの機能説明と、操作体験である。それぞれの機能は、これまで他ソフトなど一般的なグループウェアでも同等のソフトを使ったことがあるので、機能に関しては聞く分には問題ないのだが、やはり操作には慣れが必要である。こうしたいと思うことがどうしたらできるのか。また、できないのか。また、機能制限がかかっているのか、まだ準備ができていないのか、実際にはまだ使えない機能もあったりして・・・気になったのは、メール機能。内部メールとして、市内の先生方に直接メールを送ることができるというのは大変ありがたい機能である。しかし、外部メールが使えない。学校代表メールとしてしか送ることができないというのである。しかも、まだ現時点では、その返信を受けることができない。なんだ?また、個人の公的メールアドレスの配布は想定していないということで、こちらに関しても、なんだ?であるメール機能一つにしても、ソフトが違えば、操作も含めて、いろいろ違うんだなあと・・・
掲示板である。こちらがまた思っていたものと違う。一般的な掲示板としては、2ちゃんねるなんかを思い出す人も多いかもしれないが(思い出すのは私だけかもしれないが・・・)、掲示板にあげた事柄に対して、コメントをすることができない。あげっぱなし・・・どうせなら反応がほしいなあ。こちらは、職員会や終礼で活用することを想定していたのだが、うまく使えるかな?また、掲示板にあげたよということを周知するシステムがない。メールも含めて、自分で情報を取りに行かなければならないということで、このあたり、お知らせ機能だけでもほしいなあ。できれば、文溪堂のシステム開発の方なんかがいてくれて、こちらの要望なんかも聞いてくれるとうれしいんだけど・・・無理?
スケジュール機能。いまは、職員室の黒板がスケジュールを管理している。思いっきりアナログ・・・特別教室の使用は、黒板に使いたい時間とクラスを書き込むといったもの。それらを、備品も含めて、校務ソフトに移行するのかなあ。少し疑問。
最後にアンケート機能。簡単なアンケートなら活用できそう。集計も簡単。ただ残念なのは、匿名機能がずさんだということ。匿名になってない。まあ、この点を除けば、アンケートの作成方法さえ把握すれば・・・その把握ができない・・・
ということで、研修の3時間はあっという間に過ぎていったのだが・・・K教頭とも話していたのだが、これらをどうやって校内の先生方に周知するかである。先日の成績処理に関してが3時間、今日のグループウェアに関してが3時間、明日行われる予定の事務関係が6時間の内容である。使い慣れている人にとっては、なんとなくわかるという内容なのだが、初めての人にとっては、けっこう難しい内容だろうなあ。ちゃんと理解してもらえるかどうか。大切なのは、理解してもらえるかどうかではなくて、使ってもらえるかどうかである。地域によっては、せっかくグループウェアソフトを導入したはいいが、全然使ってないよと言う所もあるらしい。
こう活用してますよって言う活用事例の紹介も必要かな?今後の課題がいっぱい・・・

|

« ブラック企業 | トップページ | 平成25年度学校基本調査(速報値) »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グループウェア研修:

« ブラック企業 | トップページ | 平成25年度学校基本調査(速報値) »