« 市役所見学の様子が、テレビに・・・ | トップページ | NHK戦争証言アーカイブスを活用して・・・ »

2011年12月13日 (火)

研究授業(国語)

校内現教、国語の研究授業を参観。本論からは離れるが、電子黒板や実物投影機の扱いが、さりげなくでよかった。さて、本論・・・読書紹介。冒頭は、アニマシオン。何となく懐かしいなあ。マスイが初めてアニマシオンに出会ったのは、今から9年前?それからちょくちょくやったりしてきたのですが、周りでやってる人はあまり見かけなくて・・・でも、ほんと久しぶりに見ることができてちょっとうれしかった。今日のアニマシオンは、「ダウとをさがせ」でした。2年生の授業だったのですが、もうノリノリ・・・とても楽しそうでした。さて、その後は、読書ゆうびんを書こうと、むかし話のしょうかいカードを書こうの2つの授業。読書ゆうびんは、誰に送るかということが明確化していて、見ていて大変わかりやすかったし、子どもたちも相手を意識して書くことができていた。むかし話のしょうかいカードは、前半部分の授業を見ていなかったので、何ともいえないが、カードができあがってからどうするのかな?書いて終わり?掲示して終わりじゃちょっと・・・で、増井の提案なのですが、それらを使って、ビブリオバトルってのはどうでしょうか。小学2年生だから、5分間のプレゼンというのは、少し難しいですね。小学生ルールとして、2分~3分でどうでしょうか。そして、勝敗をつける。けっこう盛り上がりそう・・・という内容を明日の討議に提案したいと思います。

Img_1718_2 Img_1723

Img_1720 Img_1719

Img_1722 Img_1725

|

« 市役所見学の様子が、テレビに・・・ | トップページ | NHK戦争証言アーカイブスを活用して・・・ »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究授業(国語):

« 市役所見学の様子が、テレビに・・・ | トップページ | NHK戦争証言アーカイブスを活用して・・・ »