« ワークショップ | トップページ | 新聞 »

2011年11月27日 (日)

次年度の夏季研

香小研メディア教育部会夏季研修会の平成24年度の担当郡市は、丸亀市ということで、その準備を進めている。8月21日(火)が夏季研教科外の研究指定日ということで、会場もT先生にお願いして、ある程度押さえてはいるのだが・・・なかなか希望通りにはいかず、さてどうしたものかと・・・まあ、これは仕方ない。で、今のところ会場は高松で、午前中は、かがわ国際会議場or展示場、午後は、e-とぴあ・かがわ&かがわ国際会議場or展示場を予定している。問題点は、かがわ国際会議場は、賃借料が高いということ。展示場は、倉庫みたいだし、終日借りるには賃借料が高い。午後から半面にするとしても、いろいろ問題がありそう。e-とぴあ・かがわだけでは、200名近い参加者を収容しきれないし・・・さてどうしたものか。

日程である。こちらも現段階ということで、まだまだ流動的。

 9:00 ~  9:30 受付
  9:30 ~  9:45 開会行事
  9:45 ~ 10:15 県研究部提案
10:30 ~ 12:00 講演(90分間)
12:00 ~ 13:00 移動・昼食
13:00 ~ 14:10 研修Ⅰ 分科会(70分間)
14:10 ~ 14:30 移動・休憩
14:30 ~  16:00 研修Ⅱ 課題別研修・ワークショップ形式の研修(90分間)
16:00 ~       閉会行事(各会場ごとに)

研修Ⅰは、各研究テーマごとの分科会を予定。教科指導におけるICT活用、校務の情報科の2つを想定しているのだが・・・一昨日の中国・四国ブロック研などから考えると、ICT機器をこう使いましたといったような提案発表はもういらない・・・できれば、協働学習を行うにあたり、ICT機器をこう活用したら、こんな成果を得ることができましたといったような・・・提案発表は、丸亀・高松・仲善で、提案各20分、質疑応答各10分、指導10分の予定。さて研修Ⅱ。この課題別研修・ワークショップ形式の研修をどうするかが問題である。今年度も似たような形で研修を行ったのだが、どこかの研修・ワークショップにずっといるというわけではなく、参加された先生方にはぐるぐると回ってくださいといった形式だったため、研修を実施する担当者、協力いただいた企業に方にとっては、同じ説明を何度もしなくてはならなかったり、じっくりと腰を据えての研修ができなかったりで、ちょっと不評?だったような。そこで、次年度はやはり90分じっくり腰を据えての研修がいいかなと思ってはいるのだが、なかなかそう簡単にはいきそうにもない。詰まるところ誰がそのワークショップの講師をするの?である。丸亀の先生方だけでできればもちろんいいのだが、なかなかそう簡単にはいきそうもない。企業の方の協力を得ることができたとしても、全てお任せというのでは・・・まあそのあたりの兼ね合いをどうするのかということを今後詰めていかなくてはということである。今月30日に、丸亀市のメディア教育部会の推進メンバーが集まって、そのあたりを話し合う予定。さて、どういった話し合いになるか?うーん、この話、増井が来年も丸亀市内の学校に勤務していれば継続してできるのだが、他郡市へ異動になっていた場合、どうなるのかな?まあ、それはないとして考えましょう。

|

« ワークショップ | トップページ | 新聞 »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次年度の夏季研:

« ワークショップ | トップページ | 新聞 »