« 教育ICT活用実践事例集 | トップページ | ワイヤレスアンプ »

2011年5月16日 (月)

うーん,やっぱりタブレット戦国時代・・・

プリンストンテクノロジー株式会社のKさん来校。ワイヤレスペンタブレットのPTB-W1を紹介いただいた。いわゆる,プロジェクタや大型ディスプレイに映しだしたパソコンの画面上に,フリーハンドで文字や線,図形などを書き込むことができるというもの。本校は電子黒板を使っているのだが,電子黒板への書き込みは,直接が基本となる。机間巡視をしながらとか,教室の後ろから書き込みというわけにはいかない。そこで登場するのが,こうしたワイヤレスペンタブレットである。ここ1年くらいで,各社からワイヤレスペンタブレットが続々と発売されている。W社は当然,L社,P社,O社,H社,Z社,そしてプリンストンテクノロジーさん・・・ワイヤレスばかりではなく,Bluetoothという選択もある。また,一部製品は,有線ということではあるが,そのポテンシャルは高い。で,プリンストンテクノロジーさんのPenPlusである。まず,持った感がいい。なんだか手にしっくりとくる。形状がいいのかな。当然軽く,これなら常に持ち歩いて授業ができそうである。そしてペン。書き味がなめらかであった。反応もよく,ちゃんとついてきている。描画に時間差がないというのがいい。実際授業でとなると,試してみないと分からないところではあるが・・・市内の小学校では,まだ電子黒板の導入は,1台にとどまっている。プロジェクタとの併用では,こうしたワイヤレスペンタブレットの出番も多いかもしれない。

|

« 教育ICT活用実践事例集 | トップページ | ワイヤレスアンプ »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うーん,やっぱりタブレット戦国時代・・・:

« 教育ICT活用実践事例集 | トップページ | ワイヤレスアンプ »