« お城祭り将棋大会 | トップページ | メーリングリスト »

2011年5月 6日 (金)

学年団として

城北小学校はどの学年も2学級存在する。某校長曰く,学年団として同じ行動をしなければならない。一方の学級が何かをして,もう一方の学級がそれをしないというのは,ダメだ!!だからしなさいというのではなく,一方が先進的な取り組みを行おうとする場合,もう一方も同じ取り組みを・・・というのは,そのもう一方の学級担任に負担がかかる。だからしないでほしい・・・とのこと。たとえば,iPadやGALAXYTab,フューチャースクールでもおなじみの教育用タブレットPC「CM1」などを1クラス分用意して,それを増井学級だけで使おうなんてことは・・・となりの学級の保護者からクレーム(うちの学級でも使ってほしい)が来るので,やめてもらいたい・・・と。もちろん,それらのICT機器を,増井が独占して使用するということではなく,使いたいという要望があれば,とことんバックアップするし,これまでしてきたつもりである。ただ,増井から無理に使ってくれなんてことは言えない。それこそ負担になるから。でも,これまで,大判プリンタやプロジェクタ,実物投影機を紹介してきて,それらを使用することが負担でしょうがないといった声は聞いたことがない。それどころか,学校に必要な台数がない,マイプロジェクタがほしい,マイ実物投影機がほしいといった声の方が多く,実際に個人で購入された先生もたくさん知っている。もちろん個人で買ってという話ではない。話が違う方向に行っているようなので,少し元に戻す。某学校長の考えとしては,前に進もうというのではなく,右見て左見て,最後尾に揃えましょうと言うこと・・・かな?笑えるのは,ICT機器は,目に見えるので,保護者の反応も早い。ソフトであれば,よく分からないからかまわないんじゃないの・・・だって。これもよく分からない。( ´_ゝ`)フーン結局は,中学校しか知らないってことか。そりゃそうだ,中学校だったら,クラスは関係なく,教科担任が授業を進める。どこも同じ授業だ。小学校は,学級担任が授業を進める。国語にしたって,算数にしたって,教科書は同じでも,教え方は教師によって大きく変わる。学年団で揃えましょうと言っても,そりゃ無理だ。また,同じ教え方なんてのは,画一的でつまんないし,さっきと同じで,右見て左見て,最後尾に揃えましょうである。そこには進歩がない。それだったら,ロボット先生が教えればいいんじゃないの。まだまし。まあ,以前にも書いたけど,こうも理解がないというか,保守的というか,後ろ向きというか,新しいことを好まないというか・・・疲れます。
というわけで,結論としては,城北小学校で新しい取り組みを行おうというのは,無理!!H社のNさん,ブロック研の開催は城北小では無理です。ボトムアップでは話が進みません。大学や文科省,県教委からのトップダウンが必要です。N社のTさん,GALAXYTabを使っての共同研究は無理そうです。GALAXYTab,増井は使い方によっては,教育的効果があると思うのですが・・・今の城北小では無理です。1年遅かったです。W大のT先生,N大のN先生,iPadを使った情報モラルの研究は,無理そうです。違った面から進めます。Kさん,まじにY市への異動を考えたくなる1日でした。

とほほ・・・

┐(´д`)┌ヤレヤレ

|

« お城祭り将棋大会 | トップページ | メーリングリスト »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学年団として:

« お城祭り将棋大会 | トップページ | メーリングリスト »