« 電子黒板活用実践研修会のご案内(再掲) | トップページ | ごんぎつね »

2010年2月 2日 (火)

授業研究・教材研究

明日の電子黒板活用実践研修会で行う予定の「ごんぎつね」の授業、その前時を行った。一の場面の後半、いわゆる「うなぎ事件」の場面である。香川大学教育学部教育総合実践センターのM先生に授業を参観していただき、その後ご指導をいただいた。じっくりと時間をかけての教材研究、授業研究が大切である。しかし、それがなかなかできていなかった。自分1人もしくは数人での教材研究、一つの考えからなかなか抜け出ることができない。つまりは、深まり長い。そう、今までの教材研究は浅い。それが、今日のM先生との、じっくりと時間をかけた教材研究でよく分かった。本当ならばもっともっと意見を交わして、指導案を練り直していくことができれば、本当に授業はよくなっていくだろうなと感じた。でも・・・ごめんなさい、明日の授業は・・・残された時間は僅かではあるが、よりよいものにしていきたい。

|

« 電子黒板活用実践研修会のご案内(再掲) | トップページ | ごんぎつね »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業研究・教材研究:

« 電子黒板活用実践研修会のご案内(再掲) | トップページ | ごんぎつね »