« 日直 | トップページ | 電子黒板の基礎知識 »

2009年8月 8日 (土)

ICT活用指導力向上研修会 続き2

さて,当初予定にはなかった電子黒板の紹介&活用事例の紹介のコーナーである。電子黒板といきたいところだが,まずは,プロジェクタ,実物投影機,マグネットスクリーンの紹介。先生方の反応であるが,まずプロジェクタ(カシオXJ-SC215)の小ささと薄さに驚き,マグネットスクリーン(イズミWOL-FX)に感動し,実物投影機(カシオYC-430エルモL-1n )に涙・・・(うーん,ちょっと誇大表現である。でも,そのくらい,説明を聞かれている先生方からのうちの学校にもほしい~という気持ちが伝わってきたのは事実である。)城北には,昨年度初めには,5台しかプロジェクタがなかったということ,実物投影機は3台しかなかったということ,しかも,ほとんど使われていなかったという状況から,現在では,プロジェクタ10台,実物投影機8台にまでなっているということ,そしてそれは,プロジェクタ・実物投影機のセットが各学年に最低1台ずつは整備されているということをを伝えた。そのことに,参加された先生方は,驚かれていたようでもあるが,城北としては,まだ台数が足りないということも付け加えて話をした。これらのセットが,各クラスに整備されてこそ,その稼働率が上がる。そのための努力というか,裏話も少し・・・そして,説明は電子黒板へ。 パイオニアの電子黒板を活用しての日々の授業の様子を紹介。今年度中には各学校に1台ずつは整備されるであろう電子黒板ということもあり,先生方も興味深く説明を聞かれているようであった。そして休憩時間。ところが・・・逆に,ほとんどの先生方が集まってきて,あれはどうな,これはどうなの質問タイム!!プロジェクタと電子黒板の両方にブースができたような感じ・・・増井はほとんどプロジェクタ・実物投影機の側にいたのだが,電子黒板の方は・・・もう先生方さわるさわる・・・しっかり使いこなしているではないか・・・気がつけば,研修は活用教材づくりの時間のはずなのだが,先生方はほとんど離れようとはしない状況である。指導主事の先生方,うれしいのやら悲しいのやら・・・さてどちらなんだろう。というわけで,あっという間に4時になり,これは絶対にはずせないという演習2,情報モラルの指導に在り方へ。4時30分定刻に終了。といった感じの研修会だったのだが,参加された先生方は,満足のいく研修会だったのだろうか・・・明日からの授業に,今日の研修会が少しでも役に立てばと思う。

|

« 日直 | トップページ | 電子黒板の基礎知識 »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ICT活用指導力向上研修会 続き2:

« 日直 | トップページ | 電子黒板の基礎知識 »