« 「ワクワクロケットを作ってあそぼう」 | トップページ | サポート »

2009年6月22日 (月)

現教研究授業

秋の研究会に向けて,校内の現教研究授業が行われた。たんぽぽ学級,生活単元・自立支援学習の研究授業,つまり特別支援学級における学びづくり部会の研究授業である。城北小学校では,ペアを中心とした学習・学び合い学習及び授業におけるICTの活用の研究を行っている。で,今日の授業はどうだったか・・・さすがはベテランの先生方による授業である。個に応じた,そして状況に応じたきめ細かな支援は,参考になる点が多い。特別支援学級の授業の参観は,以前ならば何を視点に参観していいやらという感じであったが,府中小学校での3年間の研修が,今に生かされているといった感じである。さて,ICT活用であるが,電子黒板の活用が目をひいた。本時の活動の順序の表示に電子黒板を用いたわけだが,一つの活動が終わるごとにその項目を消していく。その様子を実物投影機で映す。全員が確認する。大変わかりやすく,子どもたちも今何をしている,次は何をするといったことがよくわかるので,安心して学習に取り組めているようである。また,音楽をかけるといったシーンで,今までのCDラジカセではなく,電子黒板上のアイコンをクリックして,音楽を流すといったこと,しかもその操作は子どもたちが行っているといった点で,電子黒板の操作が如何に簡単であるかということが参観者によく伝わったのではないかと思う。まあ,ICTの活用的には,ちょっと物足りないかなという感じはするが,電子黒板が教室にやってきて,まだ2週間・・・ここまで活用できる,研究授業で使ってみようとするところが素晴らしい。

Cimg42311 Cimg42591 Cimg42961

|

« 「ワクワクロケットを作ってあそぼう」 | トップページ | サポート »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現教研究授業:

« 「ワクワクロケットを作ってあそぼう」 | トップページ | サポート »