« 「デジタルテレビ学校導入モデル」パンフレット | トップページ | 平成19年度・20年度 丸亀市総合教育研究会 »

2008年11月11日 (火)

ICT機器を効果的に活用したわかる授業「学活」

現教の校内研究授業。学活・心を育てるプログラムの授業である。本時のめあては,「しずかちゃんのような話し方名人になろう」である。城北小学校において,長年研究されてきた「心を育てるプログラム」ではあるが,授業者であるA先生ならではの素晴らしい授業であった。http://yasuhiro.cocolog-nifty.com/masui/2008/11/post-6807.htmlでも記述したように,動画やキーシーンの提示資料などをうまく板書として活用されている。また,実物投影機(今回は,アビオのインテリジェントプロジェクタ)を活用しての子どもたちのワークシートの提示も素晴らしかった。スクリーンが小さいかなと思ったが,見事に板書にマッチしている。ちなみに,失礼だがあえて書かせてせていただく。ICT機器・プロジェクタ・実物投影機活用歴は,僅か2カ月である。それでいてこの授業力。すごいなあ・・・P10308091 P10308061

|

« 「デジタルテレビ学校導入モデル」パンフレット | トップページ | 平成19年度・20年度 丸亀市総合教育研究会 »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ICT機器を効果的に活用したわかる授業「学活」:

« 「デジタルテレビ学校導入モデル」パンフレット | トップページ | 平成19年度・20年度 丸亀市総合教育研究会 »