« 資料(ポスター)完成 | トップページ | 第59回放送教育研究会全国大会 校種別研究交流会 »

2008年10月24日 (金)

第59回放送教育研究会全国大会 公開授業

第59回放送教育研究会全国大会に参加するために朝一の便で上京。高松を出る時には,昨日からの雨もやみ,晴れ間もみえていたのだが,羽田についた時は,雨。モノレール,地下鉄を乗り継いで市ヶ谷に着いた時には,どしたんなというくらいの激しい雨。なんとか公開授業が行われる千代田区立九段小学校に到着。すでに大勢の参加者でにぎわっていた。ここでは,NHK学校放送番組・デジタル教材を活用した5本の授業が公開された。増井が参観したのは,福田章人先生の「4年 理科「季節と生き物」 活用番組 4年理科 ふしぎ大調査」である。紀要によれば,「理科4年 ふしぎ大調査」を視聴して,秋の動物の活動の様子を考える。冬鳥の飛来について,夏鳥のツバメの活動の様子をもとに類推していく。また,動画クリップを見て,近くに飛来する鳥について知り,観察への意欲をもつ」とある。理科室に置かれた,50インチのプラズマ液晶ディスプレイ。もう,こういったスタイルが普通なのかなあ。でも,プラズマ液晶ディスプレイの位置が,教室の入り口をふさいでいる。うーん,今回のために貸し出されたものなのだろうか・・・やはり常設は難しいのか?(ちなみに,今回授業公開される教室には,全てプラズマ液晶ディスプレイが設置されており,それを活用しての授業がなされていた・・・)さて授業が始まり,写真の提示や番組の視聴が始まると,子どもたちは食い入るように画面を見ている。増井も,実は食い入るように画面を見ていた。驚きである。なんて美しいんだ。つまりは,プラズマ液晶ディスプレイに映し出された映像は,単にNHKの番組というのではなく,オアシスで配信された高画質の画像でだったのである。ええっ,ここまできれいなの!!まさに驚きであった。これは,活用しない手はない。城北では,オアシス・・・OK,プラズマ液晶ディスプレイ・・・NG。なんとかしなくては。プロジェクタとスクリーンもいいのだが,見比べてみる価値はある。さて,そんなことを考えているうちに授業はどんどん進んでいるく。ここでいったん教室をぬけだして,他のクラスへ・・・部分視聴,分断視聴,全編視聴・・・様々な形式で,NHKの番組が活用されている。しかも,ただ見る,見せるだけでなく,子どもたちは,その番組をもとに,しっかりと議論を重ね,自分なりの考えをもち・・・思考を深めている。一度に同じテーマで,5本の授業。九段小学校での1時間は,大変有意義であった。午後からは,会場を移して校種別の分科会である。それでは移動!!(すごい雨だ・・・)

|

« 資料(ポスター)完成 | トップページ | 第59回放送教育研究会全国大会 校種別研究交流会 »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第59回放送教育研究会全国大会 公開授業:

« 資料(ポスター)完成 | トップページ | 第59回放送教育研究会全国大会 校種別研究交流会 »