« 出勤 | トップページ | 城の自由研究 »

2008年9月28日 (日)

授業参観

授業参観でのポスターセッション無事終了。 8つのグループが4ヵ所にわかれて,交代で2回発表を行った。堂々とした発表ぶりで,前日までちょっと心配だった何人かの子どもたちも,しっかりと自分の担当するところの内容を覚えてきており,自信たっぷりに発表していた。同時進行なので,残念ながらとなりのグループの発表の声の大きさにやや負けてしまって,ちょっと発表が聞こえにくいグループも多少はあったが,会場をどうするかということに関しては,増井の配慮が足りなかったということで,反省。子ども達はよくやっていたと思う。保護者の方も,自分のお子さんの前でしっかりとビデオ撮影?されていた方もいたりと,いつもの授業と多少スタイルは違っていたが,身近で発表を見ることができてよかったのではないかと・・・

さて,3年生としての国語の話す・聞く学習と,総合的な学習をからめて,今回の実践を行ったのであるが,課題はいっぱいある。相手に何かを伝えようとしたとき,どうすれば一番効果的なのか。今回,子どもたちはポスターセッションをするために,ポスターづくり,発表練習,そして当日の発表から,いくつかのことを学んだと思う。その1つが,聞く立場になって考えるということである。他のグループの発表を聞いて,その発表に関して,アドバイスをするということを何度か行ってきた。そのアドバイスというのは,実は自分自身の発表スタイルに結びついているといくことに気づいてもらえただろうか。子どもたちの発表はまだまだ未熟である。相手のよいところから学び,相手にアドバイスすることで学び,そして友だちにアドバイスしてもらったことに学ぶ。 子どもは,いい発表をしたいという願いを持っている。教師が,こうしなさい,ああしなさいと助言するよりも,自分たちで学び合って成長する。そうした学びのスタイルをこれからも大切にしていきたい。P10206351P10206121

|

« 出勤 | トップページ | 城の自由研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業参観:

« 出勤 | トップページ | 城の自由研究 »