« 情報化時代の学校変革力 | トップページ | のどが・・・ »

2008年9月22日 (月)

学校訪問

22日は,教育委員会の学校訪問日であった。年に一度のと言えばそれまでだが,日頃の実践を見ていただくいい機会である。増井は,国語の授業を公開。スキップの新聞作成機能を使ってつくった資料を使ってのポスターセッション。本番はあくまで29日の授業参観であるが,今日はそれに向けての発表練習と,子どもたち同士の相互評価。相手のグループの発表を聞いて,よかったところやアドバイスなどを付箋紙に書いてどんどん貼っていくという学び合いの学習スタイルをとった。子どもたちのモチベーションはばっちりで,相手に何かを伝えたいという気持ちが,しっかりと出ていた。自分自身の板書にやや難点があったが,まあ,まずまずの授業でなかったのではないかと,自己評価。

さて,学校訪問が終わり,終礼で本日委員会からいただいた指導・講評を学校長と教頭から伝えられた。「昨年までと違い,多くの先生方がICTを活用して分かる授業をされていた」,という講評があった。昨年も城北小を訪れているのだが,違う学校みたいである・・・との声も・・・ICTの効果を多くの先生方が実感し,日々の授業に取りいてられてきていると言うことである。以前にも書いたが,学校が確かに変わってきている・・・と思う。

さて,次なる目標は・・・

|

« 情報化時代の学校変革力 | トップページ | のどが・・・ »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校訪問:

« 情報化時代の学校変革力 | トップページ | のどが・・・ »