« 座席わらし | トップページ | 土器川探検計画 »

2008年4月28日 (月)

大判プリンタの活用

国語の少人数担当のW先生から,教科書を大きく拡大したいのだがという相談があった。実物投影機器+プロジェクタ,書画カメラ+PC+プロジェクタ,インテリジェントプロジェクタ,いろいろ選択肢はあるのだが,まずはW先生から依頼のあった大判プリンタを活用しての拡大提示を提案。教科書をスキャナーで読み取って,大判プリンタで印刷。A1サイズで印刷したのだが,文字がやや小さめ。A0サイズでの印刷,つまりA1サイズ2枚組を勧めた。とりあえず今回は,A1で授業を行うそうだが,2月に府中小学校で行った国語の授業でも,教科書をA0サイズに拡大印刷したものを使った。これからの国語の授業は,このように教科書を拡大提示したものを活用しながらの授業が定番?になるような・・・(W先生に大判プリンタを紹介したのは,W先生がこれまで拡大機を多用し,上手に活用していたからである。しかし,拡大機は残念ながら白黒,これからはカラー印刷できる大判プリンタでしょう。ちなみに,1枚あたりのコストも大判プリンタの方が安いということみなさんご存じでしょうか?)

|

« 座席わらし | トップページ | 土器川探検計画 »

ICT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大判プリンタの活用:

« 座席わらし | トップページ | 土器川探検計画 »