« モバイルページ | トップページ | 学校ホームページ »

2005年11月19日 (土)

ノート指導

 香川県社会科教育研究会11月定例会に参加しました。今回の定例会は坂出が当番郡市でした。今回は,坂出のF先生とM先生が提案発表をされたのですが,ノート指導が1つのテーマとなりました。M先生の実践ですが,ノートは,A4版のスケッチブックを採用しているそうです。以下提案資料より「ノートには,学習したことの足跡がしっかりと残り,いつでも振り返ることができるものを目差している。そのためには見やすくわかりやすいノートづくりが必要になるが,児童にとってわかりやすいノートにまとめていくことは難しい作業であった。4月から授業のたびに指導はしてきたが,なかなかうまくいかなかった。そこで,自由に空白のスペースを活用し,その子なりの学びを発揮してほしい(創造性)という願いのもと,A4版のスケッチブックを社会科ノートとして採用した。」また大変参考となるのが,ノートづくり 10ヵ条である。
1 タイトル 学習のテーマ(赤で囲む)
2 参考にした資料名を書く
3 キーワードは赤で目立たせる
4 自 自分の調べ,意見
5 友 友達の調べや意見
6 図,写真などを入れる
7 強調の工夫(◎,☆,→など)
8 すっきりと書く(適度に空白をつくる)
9 自分の感想をしっかり書く
10 たまに,家族に見てもらう

|

« モバイルページ | トップページ | 学校ホームページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モバイルページ | トップページ | 学校ホームページ »